100平方メートルの左官工事に必要なセメントの量

100平方メートルの左官工事に必要なセメントの量、 100平方メートルの左官工事に必要なセメント砂 この記事では、100平方メートルの左官工事に必要なセメントの量を知っています。





しっくいは、レンガの壁またはコンクリートの壁の両面に接着剤または結合剤としてセメントモルタル材料を固定して、滑らかさ、耐久性、長寿命、および強度を高めるプロセスです。セメントモルタルは、セメントと砂の混合材料です。

そしてこのトピックでは、100平方メートルの左官工事に必要なセメントの量を計算します。このトピックでは、外壁左官工事、内壁左官工事、天井左官工事の種類と、内壁左官工事の混合比と厚さ、外壁左官工事と天井左官工事についても知っています。 YouTubeチャンネル@Hellosir#hellosirにアクセスしてください



  100平方メートルの左官工事に必要なセメントの量
100平方メートルの左官工事に必要なセメントの量

しっくいの種類

レンガ壁の左官工事には3つのタイプがあります

1)外部レンガ壁の左官工事



2)内部のレンガ壁の左官工事

3)天井またはコンクリート左官工事



外部レンガ壁漆喰とは何ですか

外部レンガ壁として知られているレンガ壁の粗い表面は、漆喰作業によって表面の滑らかさを改善する必要があります。

◆このビデオを見る



外レンガ壁漆喰の混合比は約1:4で、1部がセメント、4部が砂で、外レンガ壁左官の厚さは、12mmの最初のコートと8mmの2番目のコートの骨材で構成されています。外レンガ壁漆喰の厚さは20mmです。

100平方メートルの左官工事に必要なセメントの量

めっき工事面積=100m2

しっくいの厚さ=20mm



1000で割ってミリメートルをメートルに変換する必要があります

厚さ=20/1000= 0.02 m



しっくいの量=100m2×0.02m

左官工事の量=2m3



左官工事では、セメントモルタルの量の一部が無駄になります。モルタルの無駄の約20%を考慮します。

2 m3の20%= 0.4 m3

外部レンガ壁漆喰に必要なモルタルの総量=2m3+ 0.4m3 = 2.4 m3

次に、これを計算するためにセメントモルタルの乾燥体積を計算する必要があります。セメントモルタルの湿潤体積の補因子1.33を掛ける必要があります。

乾燥体積=1.33×2.4m3= 3.192 m3

現在、外部レンガ壁漆喰の混合比は約1:4です。

合計比率=1+4 = 5

セメントの一部=1/5

砂の一部=4/5

外部レンガ壁の左官工事に必要なセメントの量

セメントの重量=1/5×体積×密度

セメントの一部=1/5

モルタルの乾燥体積=3.192m3

セメントの密度=1440kg / m3

重量=1/5×3.192m3×1440m3/kg

セメントの重量=919.296kg

1袋のセメント=50kg

セメントの袋の数=919.296/ 50

セメントの袋の数=18.38

18.38(919.3kg)100平方メートルの外部レンガ壁の左官工事に必要なセメントの袋の数

100平方メートルの外部レンガ壁の左官工事に必要な砂の量

1 m3=35.32立方フィート
砂の一部=4/5

モルタル量=3.192m3

モルタルの量を立方メートルで立方フィートに変換する必要があるため、これに35.32を掛ける必要があります。

砂の量=4/5×3.192×35.32立方フィート

砂の量=90.19立方フィート

100平方メートルの外部レンガ壁の左官工事には90.19立方フィートの砂が必要です

内部のレンガの壁の左官工事とは何ですか

内部レンガ壁として知られているレンガ壁の平らな表面は、漆喰作業によって表面の滑らかさを改善する必要があります。

内部レンガ壁漆喰の混合比は約1:6または1:5で、1部がセメント、6部が砂で、内部レンガ壁漆喰の厚さは約12mmの1コートで構成されています。

100平方メートルの内部左官工事に必要なセメントの量

めっき工事面積=100m2

しっくいの厚さ=12mm

1000で割ってミリメートルをメートルに変換する必要があります

厚さ=12/1000= 0.012 m

左官工事の量=100m2×0.012m

左官工事量=1.2m3

左官工事では、セメントモルタルの量の一部が無駄になります。モルタルの無駄の約20%を考慮します。

1.2 m3の20%= 0.24 m3

内部レンガ壁漆喰に必要なモルタルの総量=1.2m3+ 0.24m3 = 1.44 m3

次に、これを計算するためにセメントモルタルの乾燥体積を計算する必要があります。セメントモルタルの湿潤体積の補因子1.33を掛ける必要があります。

乾燥体積=1.33×1.44m3= 1.9152 m3

現在、内部のレンガ壁の左官工事の混合比は約1:6です。

合計比率=1+6 = 7

セメントの一部=1/7

砂の一部=6/7

内部のレンガ壁の左官工事に必要なセメントの量

セメントの重量=1/7×体積×密度

セメントの一部=1/7

モルタルの乾燥体積=1.9152m3

セメントの密度=1440kg / m3

重量=1/7×1.9152m3×1440m3/kg

セメントの重量=393.984kg

1袋のセメント=50kg

セメントの袋の数=393.884/ 50

セメントの袋の数=7.879

100平方メートルの内部レンガ壁の左官工事に必要なセメントの袋の数7.879(394 kg)

100平方メートルの内部レンガ壁の左官工事に必要な砂の量

1 m3=35.32立方フィート
砂の一部=6/7

モルタル量=1.9152m3

モルタルの量を立方メートルで立方フィートに変換する必要があるため、これに35.32を掛ける必要があります。

砂の量=6/7×1.9152×35.32立方フィート

砂の量=57.98立方フィート

100平方メートルの内部レンガ壁の左官工事には57.98立方フィートの砂が必要です

◆フォローできます フェイスブック と私たちの購読 Youtube チャネル

また、訪問する必要があります:-

1)コンクリートとは何か、その種類と性質

2)階段の具体的な数量計算とその式

3)軟鋼板の重量を計算し、その式を導き出す方法

4)10m3のレンガのセメント砂の量を計算する

5)百平方フィートの面積のタイル作業におけるセメント計算

6)棒鋼の重量計算とその式

7)コンクリートとその種類および特性の混合物とは

天井またはコンクリート壁の左官工事とは何ですか

コンクリート壁と呼ばれる天井の粗い表面は、左官工事によって表面の滑らかさを改善する必要があります。天井漆喰の混合比は約1:3で、1部がセメント、3部が砂で、天井漆喰の厚さは約6mmの1コートで構成されています。

100平方メートルのコンクリート左官工事に必要なセメントの量

めっき工事面積=100m2

しっくいの厚さ=6mm

1000で割ってミリメートルをメートルに変換する必要があります

厚さ=6/1000= 0.006m

しっくいの量=100m2×0.006m

左官工事量=0.6m3

左官工事では、セメントモルタルの量の一部が無駄になります。モルタルの無駄の約20%を考慮します。

0.6m3の20%= 0.12 m3

天井漆喰に必要なモルタルの総量=0.6m3+ 0.12m3 = 0.72 m3

次に、これを計算するためにセメントモルタルの乾燥体積を計算する必要があります。セメントモルタルの湿潤体積の補因子1.33を掛ける必要があります。

乾燥体積=1.33×0.72m3= 0.9576 m3

現在、天井漆喰の混合比は約1:3です。

合計比率=1+3 = 4

セメントの一部=1/4

砂の一部=3/4

天井漆喰に必要なセメントの量

セメントの重量=1/4×体積×密度

セメントの一部=1/4

モルタルの乾燥体積=0.9576m3

セメントの密度=1440kg / m3

重量=1/4×0.9576m3×1440m3/kg

セメントの重量=344.736kg

1袋のセメント=50kg

セメントの袋の数=344.736/ 50

セメントの袋の数=6.89

100平方メートルの天井漆喰に必要なセメントの袋の数6.89(344.7 kg)

また読む:-

レンダリングにはどのくらいのセメント砂と石灰が必要ですか

屋根スラブ鋳造に必要な1750平方フィートのセメントの量

100平方メートルの左官工事に必要なセメントの量

モルタル1:4に必要なセメントと砂の量は?

25kgのセメントバッグにどれくらいの砂が必要ですか

100平方メートルの天井漆喰に必要な砂の量

1 m3=35.32立方フィート
砂の一部=3/4

モルタル量=0.9576m3

モルタルの量を立方メートルで立方フィートに変換する必要があるため、これに35.32を掛ける必要があります。

砂の体積=3/4×0.9576×35.32立方フィート

砂の量=25.37立方フィート

100平方メートルの外部レンガ壁の左官工事には90.19立方フィートの砂が必要です

より重要な投稿:―

  1. 単位kg/m3、kn / m3、kg / ft3、g / cm3、cftなどの異なる単位の砂の重量
  2. PCC 1:4:8およびM7.5でのセメント消費量
  3. 建設および防水のDPCフルフォーム
  4. 屋根の標準ピッチ(度、比率、家の割合)
  5. ダンプトラックには何立方ヤードありますか?